2021年6月19日(土)号より
64歳以下のワクチン接種7月16日から
まずは基礎疾患のある人から受付
 岡山県に発令されている緊急事態宣言が明日20日で解除されることを受け、新見市は18日午後に第26回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。休止や利用制限をしている市内の文化、スポーツ、観光施設を通常通り再開することを決めたほか、64歳以下のワクチン接種予約を7月16日から順次受け付け、集団接種は8月から毎週日曜日にまなび広場にいみで実施するスケジュールを示した。 
2021年6月18日(金)号より
子供たちに笑顔届けたい
あじ彩 上市こども園に綿菓子
 西方宗金のたこ焼き店「あじ彩」は16日、上市認定こども園の園児に綿菓子をプレゼントした。
 コロナ禍でイベント中止が相次ぐ中、子供たちに笑顔を届けたい―と企画。高原社長ら3人が綿菓子の製造機を積んだキッチンカーで訪れ、レモンやメロン、ストロベリーなど7種類の味を作った。 
2021年6月16日(水)号より
復活に向け今後の活動は 土橋みらいの会
ウスイロヒョウモンモドキ勉強会
 小規模多機能自治に取り組む地域運営組織「土橋みらいの会」は12日、土橋交流センターでウスイロヒョウモンモドキの勉強会を開き、3人の専門家の話に耳を傾けた。
 同会は前身の土橋振興会時代を合わせ平成15年ごろから約20年間、生息地のカヤやササを刈って幼虫の餌になるカノコソウを生えやすくしたり幼虫そのものを放って越冬させるなど絶滅を防ぐための活動を続けている。
2021年6月15日(火)号より
放課後見守り活動 支え合う上熊谷をつくる会
ボランティアが交代で世話
 支え合う上熊谷をつくる会の福祉推進部会は今月から、塩城小学校に通う子供たちの放課後見守り活動をスタートさせている。昨年7月に発足した地域運営組織が、地域の子供は地域で育てよう―と打ち出したもので、事実上の放課後児童クラブ。地区民や教育関係者の注目を集めそうだ。
2021年6月12日(土)号より
水泳授業が小学校で本格化
野馳小は児童笑顔 コロナ感染防ぐ対策徹底
 6月中旬から新見市内の小学校で、水泳の授業が本格化する。昨年は新型コロナウイルスの影響で見合わせており、2年ぶり。各校とも感染を防ぐ対策を徹底し、11日には野馳小の児童が今季の初泳ぎに笑顔を見せた。
2021年6月11日(金)号より
新見産リンドウ出荷スタート 盆前ピークに
11月上旬まで 27戸が5000万円目標に
 西日本一の生産量と高品質を誇る新見産リンドウの出荷が10日に始まった。生産者でつくるJA晴れの国岡山新見統括本部の花き部会は今年、出荷100万本、売上5000万円を目標におよそ30品種を栽培。需要が高まる盆前の7月下旬から8月上旬をピークに11月上旬まで大阪、兵庫、岡山、広島の市場に送り出す。
2021年6月10日(木)号より
大佐小中一貫教育は併設型に
「義務教育学校」から方針変更
 少子化対策の一環で小中一貫教育の在り方を検討している新見市教育委員会は4日に大佐中学校を訪ね、今年度最初の大佐中学校区学校運営協議会の席上で、これまでの検討方針を「義務教育学校」から変更する旨を伝えた。その上で改めて小中一貫教育の研究への取り組みを更に加速させ、年内には一定の結論を出すよう求めた。
2021年6月9日(水)号より
赤ちゃんから大人まで まるみやバリエ
「にーみん」Tシャツに新デザイン
 高尾の丸宮はこのほど、新見市の観光キャラクター「にーみん」のイラストをあしらったTシャツの新バージョンを発売した。
 にーみんシリーズに加わったのは、にーみんの3タイプの表情をプリントしたものと、横になった姿と自分の誕生日や目標などを英訳しプリントしたものの2種類。ライトブルー、イエロー、ブラック、ライトグレー、ピンクの5色。値段はどれも1着1628円(税込み)。
2021年6月8日(火)号より
新見 6年ぶりの栄冠
県高校総体男子ソフト インターハイ出場決める
 第60回県高校総体が5日と6日を中心に県内各地で行われ、ソフトボール男子は新見が高梁に13対0(六回コールド)と快勝し、6年ぶり17回目の栄冠。インターハイ(全国高校総体)出場を決めた。
2021年6月7日(月)号より
65歳以上にコロナワクチン
市民の集団接種スタート
 新見市は5日から、まなび広場にいみ会場を皮切りに新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。65歳以上の市民が対象で、市内5会場で7月10日(土)までに1回目、同31日(土)までに2回目を完了する計画で、定員3600人の予約枠が埋まっている。市は「ワクチン接種後もマスクの着用、手洗いなど感染予防を徹底してほしい」と呼び掛けている。
2021年6月5日(土)号より
和紅茶やスイーツ楽しんで
草間の黒川商店 カフェ「オトノハ」オープン
 草間の黒川商店は、和紅茶(国産紅茶)や手作りスイーツを提供するカフェ「オトノハ」をオープンした。
 提供する和紅茶は5~6種類を用意。カップ2杯分をポットで提供し、価格(税込み)は550円から。一番人気は「高梁紅茶」という。オーガニックにこだわった外国産紅茶も取りそろえている。
2021年6月4日(金)号より
コロナ禍の営業に生かして
無料ダウンロードのポスターサイト
 高尾のにいみ清掃ビル1階で、心身の健康に良く手軽に栄養補給ができる飲料・食物を提供するCafe&Shop「toi toi toi(トイトイトイ)」を夫婦で経営している毛利さん。国内外で活躍しているグラフィックデザイナーでもある才能を生かして、自ら作製したコロナ禍での営業対策用ポスターのウェブサイトを立ち上げている。
 アップしているのは「デリバリー」「ソーシャルディスタンス」「テイクアウト」「営業時間変更の告知」「換気中」「手指の消毒を求める」「入店人数制限」「臨時休業告知」の8種類で青色。いずれも無料でダウンロードでき、最大A3判の大きさに印刷できる。
2021年6月3日(木)号より
NHK大河ドラマ実現へ
広める高梁の会 一層の協力と連携依頼
 幕末~明治初期の偉人、山田方谷(1805~1877年)を顕彰する「方谷さんを広める高梁の会」会長を務める近藤隆則高梁市長が31日、新見市役所市長室を訪れ、戎市長に方谷をテーマにしたNHK大河ドラマ化を実現する活動に一層の協力と連携を呼び掛けた。
2021年6月2日(水)号より
白い千本鳥居がお目見え
法曽の済渡寺 日本初で〝インスタ映え〟
 法曽の済渡寺で白い千本鳥居がお目見えした。千本鳥居は、たくさんの連なった鳥居の総称で、名所は全国各地にあるが、純白の鳥居が連なるのは済渡寺だけ。6月末にはおよそ1万1000株のアジサイとおよそ5000株のハナショウブが咲き誇ることもあり、新しい〝インスタ映え〟スポットとして早くも注目を集めている。
2021年6月1日(火)号より
スポーツ・文化施設の一部制限緩和
20日まで緊急事態宣言延長 ワクチン接種の体制強化も
 岡山県に発令されている緊急事態宣言が6月20日まで延長されたのを受け、新見市は31日午後に第25回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。スポーツ施設や文化施設を市民限定で利用できるよう制限を一部緩和するほか、ワクチン接種業務の体制を強化するため対策室の職員を増員することなどを確認した。
2021年5月31日(月)号より
ワクチン集団接種を円滑かつ安全に
課題を洗い出し本番へ 医療従事者らが模擬訓練
 6月5日から一般高齢者を対象にした新型コロナウイルスワクチンの集団接種が始まるのを前に新見市は29日、会場となるまなび広場にいみ小ホールで模擬訓練を実施した。医師、看護師、薬剤師ら医療従事者と市のワクチン接種対策室職員ら70人が参加。受け付けから終了までの流れを確認し、接種を円滑かつ安全に行うための課題を洗い出して本番に備えた。
2021年5月29日(土)号より
花苗を買ってください
健康の森学園 新型コロナでイベントできず
 健康の森学園は現在、学園生が心を込めて育てた花の苗を販売している。1ポットの税込み価格はマリーゴールド、サルビア、ベゴニア、ロベリアが各65円。ミニヒマワリが70円、ペチュニア、ニチニチソウ、トレニアが各75円。電話注文を受け、園内のビニールハウスで販売するほか、配達の相談にも応じる。
2021年5月28日(金)号より
警戒レベル4は「指示」のみに
新見市 来月から行政放送番組で
 新見市は26日、行政放送番組「避難情報の表示方法が変わりました(仮題)」の撮影を行った。災害対策基本法の改正で警戒レベル4が「避難指示」のみになるなど避難情報の表示方法が変わったことを受け、分かりやすい説明と周知を図るため動画を制作。6月から公開する。
2021年5月27日(木)号より
通り初めで改修の完了祝う
新見保育所 にーみんデザイン歩道に
 新見保育所は26日、通用門と施設内の広場をつなぐ歩道(長さ22㍍、幅5㍍)の通り初めをして改修工事の完了を祝った。子供たちに人気の市マスコットキャラクター「にーみん」とチューリップのデザインを取り入れ、明るく可愛らしい雰囲気を醸し出している。
2021年5月26日(水)号より
ともに〝地域の宝〟守ろう
石蟹山城保存会楪城を守る会 山城登り交流
 石蟹から長屋に掛け広がる中世の山城「石蟹山城」の顕彰に取り組む、石蟹山城保存会は25日、上市の楪城を守る会の会員らと石蟹山城に登り交流を深めた。
 30分ほどで杉に囲まれた山頂に到着すると「武者走り」に沿って9つある壇を順に歩き、七の壇近くでは長屋の眺めを楽しんだ。
2021年5月25日(火)号より
新見でも木材価格が急騰
世界的ウッドショックで輸入材不足
 コロナ禍で低迷していた木材価格が、輸入材の不足によって急騰している。21日に下熊谷の県森連新見木材共販所で開かれた市によると、価格の指標となるヒノキ3㍍14~16㌢柱口直材は1立方㍍あたり2万6000円で、昨年同時期の倍の価格になった。
2021年5月24日(月)号より
カルスト大根出荷始まる
みずみずしく作柄良好 7月上旬まで150㌧を出荷
 新見市南部に広がるカルスト台地特産のカルスト大根の出荷が、23日から始まった。カルスト大根の中でも、春に収穫する春大根はみずみずしくて甘みが強いのが特長。作業は7月上旬まで続き、JA晴れの国岡山新見統括本部の大根部会は日量平均6㌧、全体で150㌧の出荷量を見込んでいる。
2021年5月22日(土)号より
フッ化物洗口で虫歯予防を
児童と幼児対象に推進 新見歯科医師会が市に要望
 新見歯科医師会は13日、戎市長に岡山県のモデル事業を利用して新見市内の幼児と児童を対象に虫歯を防ぐ効果が高いフッ化物洗口を推進するよう要望した。
 フッ化物洗口は昭和45年から新潟県で始まり、令和2年までに全国で150万人以上が実施している。県は平成25年から予算を確保して希望する保育所、幼稚園、小学校に導入を呼び掛けているが、普及は進んでいない。
2021年5月21日(金)号より
根を漢方薬の材料に
大佐山生産森林組合 シャクヤクを今秋初出荷
 根を漢方薬の材料として出荷しよう―と、大佐山生産森林組合が栽培に取り組んでいるシャクヤクが今年秋に初出荷を迎える。
 シャクヤクの根は5年しないと出荷できるほどに育たないため、2年目の28年には大佐小南の小南金藤会館横にある遊休地15㌃で栽培。段階的に5カ所を確保したことで毎年収穫できるようにし、今年がその最初。なお、シャクヤクの花は今が満開。
2021年5月20日(木)号より
トーチの火 笑顔でつなぐ
五輪聖火リレー 岡山で代替イベント
 東京オリンピック・パラリンピックの岡山県の聖火リレーは19日、岡山市北区の岡山城下の段で代替イベントが行われた。新見市からは中田さんが参加し、トーチの火を笑顔でつないだ。岡山会場には当初の計画で井原市、高梁市、吉備中央町、総社市、倉敷市、岡山市を走る予定だったランナー約90人が参加した。
 なお、20日は玉野市、真庭市、赤磐市、美作市、奈義町、津山市の予定ランナー約80人でトーチの火をつなぐ。
2021年5月19日(水)号より
支流の浚渫、樹木伐採を要望
高梁川流域4市長らテレビ会議
 本格的な出水期を前に、国土交通省中国地方整備局岡山河川事務所は17日、高梁川流域の4市長らと平成30年7月豪雨災害を踏まえた意見交換会をテレビ会議システムを使って開き、災害復旧状況や上流ダム群の取り組みなどについて説明した。その中で、戎市長は高梁川本流での防災・減災対策の進ちょく状況を評価する一方、「支流の浚渫(しゅんせつ)や樹木伐採も早急に取り組んでほしい」と要望した。
2021年5月18日(火)号より
一般高齢者への接種始まる
新型コロナワクチン 2回目は6月7日から
 一般高齢者を対象とした新型コロナウイルスのワクチン接種が17日、新見市内で始まった。先行していた福祉施設入所高齢者に続く開始で、初日は市内6つの医療機関で約80人が接種。市内の高齢者ワクチン接種は、65歳以上の1万2000人が対象。
2021年5月17日(月)号より
岡山県 緊急事態宣言  新型コロナ市対策本部
5月末までの制限内容確認
 新型コロナウイルス感染症の急拡大で岡山県内全域に緊急事態宣言が発令された。新見市は15日に市役所南庁舎で第24回対策本部会議を開き、5月末までの宣言期間に行う感染対策を協議。観光、スポーツ施設の休止、公民館は収容率50%以内にするなどの利用制限を決めた。
2021年5月15日(土)号より
コロナ禍の災害発生に備え
市職員が避難所の開設訓練
 コロナ禍での災害発生に備えて新見市は10日から14日に掛けて、避難場所に指定している市民センターなど市内15カ所で感染症に対応した避難所の開設訓練を実施。担当の市職員や市民センター所長らが避難者を受け入れる際の検温、消毒、健康状態のチェックといった受け付けの手順を確認した。今後、4支局管内の指定避難所でも開設訓練を行う。
2021年5月14日(金)号より
岡山県感染「ステージ4」
スポ少自粛、施設は使用停止
 新型コロナウイルス感染者の急拡大に伴い、岡山県は感染状況の切迫度が最も高い「ステージ4」に達した。これを受け、新見市は13日に第23回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県内・市内の感染状況と県全域における協力要請の確認、5月末までスポーツ少年団活動の自粛や体育施設の使用停止といった市の対応、ワクチン接種の予約状況などについて情報を共有した。
2021年5月13日(木)号より
おいしい芋に育ってね
塩城小と熊谷認定こども園 地域の人と苗植え
 塩城小学校の1、2年生10人と熊谷認定こども園の4、5歳児11人は7日、地域の人と同園裏の畑にサツマイモの苗を植えた。
 熊谷公民館、菅生公民館の支援でボランティアを募り、上熊谷と菅生の老人クラブ5団体の会員10人が協力。早朝から1.5㌃の畑に8つの畝を作り、黒いビニールシートをかぶせて準備を整えた。
2021年5月12日(水)号より
ドローン使って湛水直播を実演
7㌃わずか3分で完了 スマート農業研修会
 新見市、JA晴れの国岡山新見統括本部、新見農業普及指導センターなどでつくる市農林業振興技術者連絡協議会は11日、大佐永富地内でドローンによる湛水直播(じかまき)の研修会を開いた。水田7㌃の播種がわずか3分で完了し、「スマート農業」による省力化、効率化について知識を深めた。
2021年5月11日(火)号より
地域に根差した名物PR
展覧会に合わせて 新見美術館と事業所連携
 新見美術館は地域に根差したこだわりの品を作っている事業所と連携し、活性化につなげる試みを始めた。「アイスクリームの日」前日の8日、西方の「さーちゃんミニヤギ牧場」が氷菓の特製ジェラートを玄関前で売り出し、人気を集めた。
2021年5月10日(月)号より
カシス120本 神郷高瀬の遊休地に
環境保全型農業の実証実験
 新見市地域おこし協力隊員の佐野さんが、神郷高瀬の遊休地50アールを借りて環境保全型農業の実証実験を始めた。畝に廃ほだ木を敷き込み、カシス(黒房スグリ)120本を植栽。雑草避けに段ボールをかぶせるなど工夫しながら育て、果実を使った新たな特産品の開発にも取り組む。
2021年5月8日(土)号より
〝地域の宝〟石蟹山城を後世に
文化財指定で記念誌発行 
 石蟹から長屋に掛けて広がる中世の山城「石蟹山城」の顕彰に取り組んでいる石蟹山城保存会は、新見市重要文化財の指定に合わせて記念誌を発行した。〝地域の宝〟を後世に伝えよう─と、山城の概要(造り)や言い伝え、会の歩みを紹介している。3日には本丸に通じる登山道の整備も行った。
2021年5月7日(金)号より
新型コロナワクチン動画を制作
新見市 吉備ケーブルで放送予定
 新見市は、5月10日から65歳以上を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種の予約受け付けが始まるのを前に、予約方法や接種について説明した動画を制作した。受け付け開始直後は問い合わせが集中することが予想されるだけに、混乱が起きないよう市民に落ち着いて行動するよう呼び掛けている。動画は明日8日から吉備ケーブルテレビで放送する予定。動画投稿サイト(YouTube)の新見市公式チャンネルでも公開する。
2021年5月5日(水)号より
「ベビーヨガ」最優秀賞に
大佐B&G フェイスブック「まちレポ」で
 大佐B&G海洋センターがフェイスブックに投稿した「親子で一緒に赤ちゃんを対象とした『ベビーヨガ』開催」がこのほど、2020B&GPR大賞の「まちレポ」の部で最優秀賞に選ばれた。
 同センターの取り組みは3部門計6532点の中から選ばれたもので、審査員から「地域のニーズをくみ取ってセンターの存在感を高めた」と高く評価された。
2021年5月4日(火)号より
いろりカンパニーが特別賞に
IT活用し肉牛放牧育成を確立
 広島市の中国地域ニュービジネス協議会が主催し、中国経済産業局が後援する「第29回中国地域ニュービジネス大賞」の発表が21日にあり、田中実業のグループ会社いろりカンパニーが特別賞に選ばれた。同社のIT(情報技術)を活用した肉牛の放牧育成が、国際基準の動物福祉と生産性を両立させる畜産業界の進むべきモデルとして高く評価された。表彰式は6月に岡山市である。
2021年5月3日(月)号より
連休限定で満奇洞に露店
たい焼き、唐揚げなど販売
 新見市の観光名所、豊永赤馬の満奇洞駐車場にたい焼きやお好み焼きなどが味わえる露店が、連休限定でオープンしている。
 メニューはクロワッサンたい焼き、秘伝タレか塩コショウの味付けが選べる唐揚げ、広島風お好み焼き、チーズスティックなどがる。営業は5日まで。時間は午前9時~午後5時だが、天候などによって短縮される場合もある。
2021年5月1日(土)号より
「福本地域振興会」設立 
市内8例目の自治運営組織
 新見市版地域共生社会構築計画に基づき小規模多機能自治に取り組む地域運営組織「福本地域振興会」の設立総会が22日夜に福本ふれあいセンターで開かれ、将来計画、今年度の事業計画、役員などを決めた。地域運営組織の設立は法曽熊野、唐松、上熊谷、足立、大佐田治部、千屋、土橋に続く8例目。
2021年4月30日(金)号より
假屋崎さん使った5色の和紙
神代保存会が「いろくらべ」販売中
 中世に盛んだった紙漉(す)きの伝統を今に伝える神代和紙保存会はこのほど、5色に染めた和紙をセットにした「いろくらべ」を商品化した。同保存会のメンバーは20日、神郷下神代の「紙の館」に集まり、30㌢×45㌢の和紙を5色のアクリル絵の具で丁寧に手もみ染めし、乾燥させた。同美術館のミュージアムショップで5枚セット2200円で販売するほか、紙の館でも取り扱う。
2021年4月29日(木)号より
ふるさとまつりコロナで中止
理事会が方針 決定は5月の評議員会
 新見ふるさとまつり振興会は27日夕、新見商工会館で理事会を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、昨年に続いて今年も同まつりを中止する方針を出した。一方、同まつりの開催に関わる組織の見直しを含め、今年度は次回への準備期間とすることも承認した。5月中旬、書面決議の評議員会(総会)で最終決定する。
2021年4月28日(水)号より
第9代議長に石田氏「市民の意向を市政へ」
臨時市議会正副議長選 副議長は小河氏が就任
 改選後初の新見市議会臨時会が27日に開会。初日は正副議長選を行い、第9代議長に石田實氏、副議長に小河俊文氏が就いた。両氏とも3期目で初の議長、副議長。
2021年4月27日(火)号より
こいのぼりの大群お目見え
子供の健やかな成長を願う
 哲多町成松の諏訪山八幡神社近くに、長さ160㍍にわたって泳ぐこいのぼりの大群がお目見えした。こいのぼりは地域の子供たちの健やかな成長を願い、5月5日の「こどもの日」にちなんで同神社と総代会が昭和63年から掲げている。期間は5月5日まで。
2021年4月26日(月)号より
大型連休前に更なる防止徹底を
新見市コロナ対策本部会議 ワクチン接種日程も確認
 新型コロナウイルス感染者の増加に伴い、国は4都府県の緊急事態宣言発令を決定し、岡山県は感染状況が4段階の切迫度のうち2番目に高い「ステージⅢ」に達した。これらを受け、新見市は24日に第21回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、大型連休を前に更なる感染防止対策の徹底を申し合わせ、ワクチン接種のスケジュールを確認した。
2021年4月24日(土)号より
ペットとの暮らしをサポート
新見市役所近く 「LALA HOUSE」
 新見市役所近くのペットサロン「LALA HOUSE」。
小型犬から超大型犬まで幅広い犬種のシャンプーやブロー、足周りのカット、爪切り、耳掃除などを提供しているほか、市内限定でサロン利用時の無料送迎も行っている。また、冠婚葬祭や急用の時などに預かるペットホテル、一時預かり、子犬販売も手掛けている。
2021年4月23日(金)号より
誰もが集える居場所目指す
「むすびの会」立ち上げ式 9月に第1回の交流会
 市民の誰もが気軽に集える憩いの居場所づくりを目標に掲げ、新見公立大学の有志が22日、キャンパス内の地域共生推進センター棟で学生企画「むすびの会」を設立した。5月から具体化に向けて準備を進め、「敬老の日」の9月20日に西方の新見駅前交流センターで第1回の交流会を計画している。
2021年4月22日(木)号より
子供対象にクイズラリー
「読書週間」に合わせ 
 まなびの森新見図書館は23日から5月12日まで、小学生以下の子供を対象に「としょかんクイズラリー」を行う。
 読書への関心と理解を深める「こども読書週間」(4月23日~5月12日)に合わせ、子供たちが本に親しみ楽しめるイベントとして開催。展示している児童書の中から7問を出題し、全問正解者に文房具をプレゼントする。3階カウンターで受け付け、正解するまで何回でもチャレンジできる。
2021年4月21日(水)号より
にーみんのマンホールカード
25日から観光協会で配布
 新見市は4月25日から、市のマスコットキャラクター「にーみん」をあしらったマンホールカードをJR新見駅前の市観光協会で配布する。地域の名産や特色を盛り込んだマンホールぶたのデザインカードは愛好家の人気も高いだけに、市商工観光課は「カードを通じて、まちのにぎわいにつなげたい」としている。
2021年4月20日(火)号より
冨谷さん 流域連盟会長賞
新見高生の11点も展示 
 高梁川流域連盟主催の巡回展示、第21回流域高校生絵画展が17日、まなび広場にいみギャラリーで始まった。展示作品のうち、冨谷さん(新見高)の「特別な日のぬくもり」が最高位の流域連盟会長賞に選ばれており、多くの市民の関心を集めている。絵画展は25日までの午前10時~午後5時で、月曜日休館。入場無料。
2021年4月19日(月)号より
新見が決勝戦に進出
春の県高校ソフト 共生は3位決定へ
 中国大会県予選を兼ねた春の県高校ソフトボール大会は18日、市民グラウンドで1回戦と準決勝戦の3試合が行われ、新見は決勝戦に、岡山共生は3位決定戦に進んだ。
 決勝戦は24日午前10時から、3位決定戦が同日11時半から行われる。なお中国大会は今年、岡山開催のため上位3チームが出場。5月8日と9日に美咲町中央運動公園で行われる。
2021年4月17日(土)号より
假屋崎省吾展がスタート
新見美術館 特産品も取り入れ絢爛豪華
 華道家・假屋崎省吾さんの作品を展覧する「假屋崎省吾の世界展―美来麗明(みらいれいめい)」が16日、新見美術館(藤井茂樹館長)で始まった。新見市など主催。リンドウや奥備中神代和紙、石灰石といった新見市の特産品も取り入れており、絢爛(けんらん)豪華な50点が並ぶ。開会式には假屋崎さん本人が出席。優しい笑顔でサインをしたり、一緒に写真を撮ったりとファンサービスにも応じた。
2021年4月16日(金)号より
間もなく見ごろ鬱金桜
塩城小児童 岩山駅旧ホームで見学 
 塩城小学校19人が15日、JR姫新線が通る上熊谷の岩山駅舎から線路を挟んで向かい側の旧ホームにある鬱金(うこん)桜を見学した。間もなく見ごろを迎え、4月下旬まで観賞できる見込み。
 同駅は昭和4年に開業。翌5年に鬱金桜が植えられ、91年目になる。幹回りは2・1㍍、枝ぶりは左右で13㍍ほどに成長した。
2021年4月15日(木)号より

C02ゼロのリサイクル装置を開発
新見ソーラーカンパニー パートナー企業を募集
 新見ソーラーカンパニーはこのほど、二酸化炭素を排出せずに太陽光パネルを処理できるリサイクル装置を開発したと発表した。同社によると世界初で、現在、特許を出願中だという。太陽光発電システムを手掛けてきた同社は新たにリサイクル事業を展開。事業を発展、拡大させるパートナー企業も募集している。
2021年4月14日(水)号より

あさってから假屋崎さんの特別展
リンドウや和紙を活用 期間中、サイン会なども
 華道家、假屋崎省吾さんの絢爛豪華な作品を展覧する「假屋崎省吾の世界展 美来麗明」が、あさって16日から新見美術館で始まる。「空間の魔術師」とも呼ばれる假屋崎さんがリンドウや奥備中神代和紙といった新見市の特産品も取り入れ、館内外に〝花の芸術〟を咲き誇らせる。開会式にも出席するほか、期間中はサイン会やデモンストレーション&トークショーなども予定されている。
2021年4月13日(火)号より

勉強も運動も頑張るぞ!
幸せいっぱいの学校に
 新見市内17小学校のうち16校で12日、一斉に入学式が行われ、計170人(男子90人、女子80人)の新1年生が義務教育の門をくぐった。
 このうち千屋小には、1人が入学。新型コロナ感染症対策を万全に、体育館で開式。父母、2~6年生17人、教職員9人が拍手で迎えた。
2021年4月11日(日) 新見市議会議員選挙速報

トップ当選は現職の石田實氏(65・上市)で1411票を獲得
 任期満了に伴う新見市議会議員選挙は11日に投開票が行われ、新しい市議16人の顔ぶれが決まった。前回は無投票だったため、選挙戦は8年ぶり。石田氏は当選の報が伝えられると、支持者から歓声と拍手が沸き起こった。
2021年4月10日(土)号より

学校給食センターが稼働
新見市 初日は700人分を調理
 新見市が旧正田小学校跡地に建設した学校給食センター「愛称=にいみ~る」が9日から稼働を始め、初日は700人分を調理して思誠小学校などに届けた。
 センター棟は食材ごとの搬入口、下処理室、煮炊き調理室、揚げ物室、炊飯室、和え物室などを設け、床に菌を増殖させないドライシステムを導入するなど衛生管理を徹底。2階には食育を目的に調理作業が見学できるスペースや研修室を設けた。
2021年4月9日(金)号より

208人が希望に胸に入学
2高校で市内トップ切り
 希望に満ちた春―。新見市内の学校トップを切って8日、新見高校と岡山共生高校でそれぞれ入学式が行われた。新型コロナウイルス感染症対策で今年も規模を縮小したが、計208人は「夢の実現にまい進したい」「互いに思いやり、励まし合う」と誓い、高校生活をスタートさせた。
2021年4月8日(木)号より

連休明けから接種券発送
65歳以上の予約5月10日(月)から
 医療従事者は3月17日から新見中央病院で接種が始まっており、ほかの医療機関でも順次行われる。65歳以上の高齢者は対象者を1万2000人と予定しており、5月連休明けから接種券を発送。10日(月)から予約を受け付け、17日(月)から接種を始める。高齢者施設の利用者と職員は、これより早く4月下旬から接種を始める計画だ。
2021年4月7日(水)号より

春の交通安全運動スタート
市対策協 資材配布で啓発、街頭査察も
 春の交通安全県民運動が6日から始まった。新見市交通安全対策協議会は下熊谷の市森林組合玄関前で交通安全啓発活動の出発式を行った。
 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、一昨年まで下熊谷地内の県道新見勝山線で行っていた交通安全テント村に代え、初めて実施。出発式では竹本森林組合長にLEDライト、チラシ、マスクなどを入れた啓発資材50個を手渡した。
2021年4月6日(火)号より

令和4年度に使用料改定を
下水道審議会 戎市長に10年見据えた答申
 健全で効率的な下水道事業の運営について諮問を受けていた新見市下水道事業審議会は30日、戎市長に答申書を提出した。施設の老朽化に伴う更新費用の増大、人口減少で使用料減収の見込みから令和4年度に使用料算定方法の統一、20%引き上げの結論を出した。ただし、改定時期は新型コロナウイルスの経済への影響など社会情勢を考慮し、慎重に検討するよう求めている。
2021年4月5日(月)号より

良作で病害虫少なし
哲西町大野部 三穂明神社で「よはかり」
 江戸時代以前から伝わる水占いの神事「よはかり」が4日、哲西町大野部高野の三穂明神社で行われた。前年に瓶(かめ)の中に入れておいた水や米の変化を見て、その年の天候や農作物の作柄を占うもの。新見市の重要無形民俗文化財に指定されている。
 2つの祠(ほこら)の間に埋めておいた瓶の上の3枚の石ぶたを慎重に取って中をのぞいたところ、瓶の口を覆っていた半紙は溶けてなくなっていたものの、水は増えも減りもしておらず澄んでおり、米は大部分が形をとどめていた。このことから、「今年は好天に恵まれ良作になる。台風などの気象被害もほとんどなく、病害虫も少ないだろう」と判断した。
2021年4月3日(土)号より

あす新見市議選が告示
8年ぶりに少数激戦か
 任期満了に伴う新見市議会議員選挙は明日4日(日)に告示。定数「16」に対して18人が立候補に向けて準備を進めており、8年ぶりの少数激戦になりそうだ。投票日は同月11日(日)。市選挙管理委員会は2日、届け出の受付リハーサルを行って本番に備えた。
2021年4月2日(金)号より

「誇りと自覚持ち精励を」
新見市 新採用職員に辞令交付
 新見市は1日、市役所南庁舎で新採用職員24人の辞令交付式を行った。従来は定期異動職員も含めて行っていたが、新型コロナウイルス感染症対策として規模を縮小し、今年も新規採用職員と幹部職員のみ出席で入れ替えて実施した。
 まず戎市長が新規職員代表に辞令を手渡したあと、代表者が宣誓した。
2021年4月1日(木)号より

「銀河」再び新見駅へ
JR職員ら歓迎 横断幕で見どころPR
 JR西日本の長距離観光特急列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」の山陰ルートが再開し、乗務員交代のために運転停車(乗客の乗り降りはなし)する新見駅では27日夜、職員らが初便を歓迎した。県内では上りが備中高梁駅に停車する。
 歓迎イベントは毎週水、土曜日の停車に合わせて6月まで続ける。