2021年8月4日(水)号より
新見千屋温泉いぶきの里が再開
あす、あさってプレオープン 10日から本格営業
 新見市が大規模改修していた新見千屋温泉いぶきの里が再開。明日5日とあさって6日のプレオープン(試行営業)を経て、10日にグランドオープンする。プレオープンは午前10時~午後5時の営業で、レストランは午前11時~午後3時に数量限定メニューを提供する。
2021年8月3日(火)号より
プレミアム券 郵便局で販売開始
「にーみん食ーぽん」第2弾
 新見市は1日、飲食店で利用すると割引が受けられる「にーみん食(く)ーポン」事業を開始した。長引くコロナ禍で売り上げが落ち込んでいる飲食店を支援するため、2日には市民が優先購入できるプレミアム付きクーポンの販売も市内郵便局で始まった。利用期限は今年12月末まで。
2021年8月2日(月)号より
涼やかに和紙の短冊と風鈴
神代和紙保存会 ワークショップや灯篭も
 手漉(す)き和紙の短冊と風鈴の音色で涼やかに―。夏恒例のイベント「かみさま夢風鈴」が1日に神郷下神代の夢すき公園で始まった。神代和紙保存会が旧暦の七夕に合わせて催しているもので今年で5回目。8月31日まで公園内に神代和紙の短冊と風鈴を飾るほか、7日、8日、9日の午前10時~午後3時はガラス風鈴を作るワークショップ、13日から16日までの午後7時~9時は「かみさま夢灯篭」を行って、神代和紙の魅力をPRする。
2021年7月30日(金)号より
ワークショップ&試飲会
あさって1日(日) 新見美術館
 「岡山ガールズイラストレーション」を開催中の新見美術館はあさって8月1日(日)にワークショップを行う。
 同展に出品しているayamiさんが講師。北欧の妖精「トムテ」人形やハーブを組み合わせたバンドルなどを制作する。また、午前11時からayamiさんがラベルをデザインしている黒髪山ワインの試飲会も開く。
2021年7月29日(木)号より
井倉小の統合を要望
令和5年4月に新見南小と
 井倉小学校統廃合検討委員会は28日、児童数の減少を背景に新見南小との統合を求める要望書を戎市長に提出した。統合時期は令和5年4月で、併せてスクールバスの運行などを要望した。
2021年7月28日(水)号より
幻想的な光で夕涼み
哲多本郷町組若連 本郷橋に灯籠
 哲多町本郷上・下町の青壮年でつくる本郷町組若連は24、25の両日夜、本郷橋に灯籠をともした。幻想的な光が浮かび上がり、住民らが思い思いに夕涼みを楽しんだ。
 同若連は、近くにある天神様の祭典に合わせて毎年、本郷天神祭りを催しているが昨年に続いて今年もコロナ禍で中止。灯籠は代替え行事として企画した。
2021年7月27日(火)号より
新見第一7連覇を達成
県中学総体ソフトボール 2試合で46得点
 県中学総体の男子ソフトボールが25日に久米南町民運動公園グラウンドで行われ、新型コロナウイルスの影響で中止になった昨年の大会を挟み新見第一が7連覇を達成した。
 新見第一、琴浦、後楽館の3チームが総当たり戦で優勝を争った。新見第一は初戦の琴浦に23対1(五回コールド)と大勝。後楽館には23対0(三回コールド)で圧勝した。
2021年7月26日(月)号より
豊作とコロナ収束を祈願
豊永赤馬 日咩坂鐘乳穴神社で「お田植祭」
 豊永赤馬の日咩坂鐘乳穴(ひめさかかなちあな)神社で25日、新見市重要無形民俗文化財の神事「お田植祭」が古式通りに行われ、氏子らが無病息災、五穀豊じょうを祈願した。
2021年7月24日(土)号より
癒やしのヒマワリ2000本
馬塚 ファミリア愛に隣接して開花
 馬塚のグループホーム・ファミリア愛に隣接した休耕田のヒマワリが盛りを迎えて、利用者や職員を楽しませている。あと1週間ほど見ごろが続きそうだ。
 その数約2000本。7月初めから咲き始め、その周囲にはマリーゴールド約800株も植えられていて、近所の人も驚く花園になっている。
2021年7月23日(金)号より
昆虫採集で地域の良さ学ぶ 豊永公民館
第1回ふるさと探検隊
 豊永公民館は17日夜、旧豊永小学校体育館周辺で第1回ふるさと探検隊「ライトトラップで昆虫採集」を開き、草間台小学校の児童と保護者に自然豊かな地域の良さを伝えた。
 全6回にわたり、さまざまな角度から古里について学ぶ初めての体験学習で約20人が参加。倉敷昆虫同好会の渡辺和夫さんを講師に迎え、グラウンドにライトトラップを仕掛けた。
2021年7月22日(木)号より
「にーみん食ーぽん」第2弾開始へ
8月から市内飲食店で割引
 新見市観光協会は、長引くコロナ禍で売り上げが落ち込んでいる飲食店を支援するため、店舗を利用した際に割引が受けられる「にーみん食(く)ーポン」事業を間もなく開始する。市民1人当たり2000円分を各世帯に郵送し、8月から利用ができるよう準備を進めている。また、プレミアム付きクーポンを市民が優先購入できる券もあり、発行総額は2億6790万円を見込んでいる。
2021年7月21日(水)号より
全部員が最初で最後の演奏
新見高校吹奏楽部 南校地で中庭コンサート
 新見高校の吹奏楽部は19日夕、南校地で中庭コンサートを行い、3年生を送り出した。
 1年生から3年生までそろって演奏する最初で最後の演奏会。当初は7月9日の予定だったが、前日の大雨警報で準備が整わず12日に延期。その日も警報で翌13日に順延したがまたも警報が出たため、〝4度目〟にしてやっと開催できた。
2021年7月20日(火)号より
あすからデルタ株注意期間
新見市 第27回コロナ対策本部会議
 岡山県が明日21日(水)からデルタ株注意期間として新型コロナウイルスの感染予防を呼び掛けることを受け、新見市は19日午後に第27回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を市役所南庁舎で開催。引き続き、市民に感染予防を呼び掛けると共にワクチン接種が円滑に進むようスケジュールを確認した。
2021年7月19日(月)号より
返却や貸し出しを体験
市内児童 「一日図書館員になろう」
 まなびの森新見中央図書館の「一日図書館員になろう!」に応募した市内児童が17日、図書館の仕事を体験した。
 この日は午後からお楽しみ会があり、読み聞かせや紙芝居をしたり、簡単工作を手伝ったりしたあと館内を見学。図書の返却、貸し出し作業も行い、1人ずつ司書としての業務も体験した。
2021年7月17日(土)号より
新見ヒノキで「SDGsバッジ」
木の葉art 大小各500円で販売中 
 新見の木づかいと木育の会木の葉artが、新見産ヒノキで「SDGsバッジ」を制作。大小各500円で販売している。
 バッジは会員の手作り。大が直径35㍉、小が27㍉、厚さはどちらも6㍉で、裏面に新見産ヒノキの文字を焼き付けている。販売はオーダーメード。注文時にブローチタイプとピンタイプが選べる。
2021年7月16日(金)号より
新しい給食どんな味?
市教委 戎市長が思誠小児童と試食会
 新見市学校給食センター「にいみ~る」が今年4月から稼働しているのに伴い、同市教育委員会は15日、思誠小学校で試食会を開催。戎市長、野間副市長、正村教育長らが児童と一緒に同センターから配送された給食を味わった。
2021年7月15日(木)号より
iPadは便利な文房具
全17小の授業で活用本格化 国のGIGAスクール構想
 今年度から新見市内の全17小学校で、国が掲げる「GIGA(ギガ)スクール構想の実現」方針に沿ったICT(情報通信技術)教育が本格化している。児童は全教科で1人1台のiPad(タブレット端末)、高速大容量の通信ネットワークなどを活用。学力向上を図る中で機器を文房具の一つとして位置付け、安全かつ適切に使いこなす力の習得につなげる。
2021年7月14日(水)号より
スピリッツが今季2勝
学童軟野熊谷大会兼JA大会
 新見学童軟式野球連盟は11日、市民グラウンドで熊谷スポーツ少年団、JA晴れの国岡山新見統括本部との共催で今年度の新見学童野球熊谷大会兼第6回JA晴れの国おかやま杯大会を開催。新見スピリッツ野球スポーツ少年団が今季2勝目を飾った。
2021年7月13日(火)号より
御殿町周辺で販売実習
新高ビジネス科 16日17日にドキドキショッパーズ
 新見高校総合ビジネス科2年生の販売実習「ドキドキショッパーズ」が7月16日(金)と17日(土)、新見本町の御殿町センター周辺で開かれる。授業で学んだ仕入れから販売までの商品売買の実践と、地域住民との交流を通してコミュニケーション能力を高める体験学習の一環。両日とも御殿町センター駐車場と津国屋に店を構え、全国各地から仕入れた菓子などを販売する計画で、生徒19人が力を合わせて準備を進めている。
2021年7月10日(土)号より
七夕の季節行事楽しむ
神代こども園ももっこ広場 やまびこホールで交流会
 七夕交流会が9日、やまびこ広場神郷しゃくなげホールで開かれ、参加親子が季節行事を通して和やかに親睦を深めた。
 今年で5回目。新型コロナウイルス感染症対策を徹底した会場に近くの同こども園に通う園児、保護者、職員、施設内のももっこ広場を利用している幼児らおよそ60人が集まった。
2021年7月9日(金)号より
草間台小児童 ピオーネ袋掛け体験
ハウスものは7月下旬から出荷
 特産のニューピオーネに理解を深めよう―と、草間台小学校の4年生が農場を訪ねて袋掛け作業を体験。また、思誠小学校の3年生はJA職員を招いて「なぜ、新見市は産地なのか」など質問した。加温栽培したハウスものは7月下旬、露地ものは9月に出荷が始まる。
2021年7月8日(木)号より
山田方谷を大河ドラマに
新見駅、図書館などにPRブース
 新見市はこのほど、郷土の偉人・山田方谷のNHK大河ドラマ化実現に向けて、JR新見駅と市内の図書館、図書コーナーにPRブースを設置した。方谷の人物像や思想、備中松山藩で行った数々の藩政改革、新見、高梁両市内を中心にしたゆかりの地、有名な師弟などを紹介している。
2021年7月7日(水)号より
サイン会や公開制作にファン感動
新見美術館 岡山ガールズイラストレーション
 新見美術館で始まった「岡山ガールズイラストレーション」が最初の週末を迎え、作品を出品しているプロイラストレーターがサイン会や公開制作を行ってファンを楽しませた。また、展覧会の世界観にちなんで、浴衣などの和装、リボンやレースを身に着けた来館者は特別料金で鑑賞できるとあって、館内に華やかな雰囲気が広がった。今後もイベントが目白押し。
2021年7月6日(火)号より
一連の商取引を体験
新見高総ビ科 プラザで販売実習
 新見高校総合ビジネス科の生徒は25日、高尾のにいみプラザ駐車場で全国の名菓を取りそろえた店を開き、販売実習を体験した。課題研究チャレンジコースを選択している3年生13人が商品の仕入れから販売、決算まで一連の商取引を学ぶもの。今回は生徒13人のうち7人が参加。店頭には、「もみじ饅頭」など5社15商品から選りすぐりをそろえた。
2021年7月3日(土)号より
岡山ガールズイラストレーション開会
県内の女性プロ作家6人が集合
 岡山県を拠点にプロとして活躍している6人の女性イラストレーターの作品を展覧する「岡山ガールズイラストレーション」が2日、新見美術館で始まった。夢や想像の世界を豪華に描いたイラストレーションや漫画、小説の世界観を伝える個性豊かな作品が並ぶ。会期中はサイン会や公開制作などのイベントもある。
2021年7月2日(金)号より
日本善行会から全国表彰
本郷小 バザー収益で施設に寄贈
 日本善行会は平成17年からチャリティーバザーの収益金で介護用品を購入し、地元の高齢者施設に寄贈している本郷小学校に春季善行表彰の善行章を贈った。28日に体育館で伝達式があり、全校児童が喜びを新たにした。
2021年7月1日(木)号より
下半期の無病息災祈る
市内神社 8の字に「茅の輪くぐり」
 新見市内の神社で30日夕、「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」が行われ、氏子らが上半期の無事に感謝し、下半期の無病息災を祈願した。「茅(ち)の輪くぐり」とも言われ、カヤの葉がこの時期赤くなることから「カヤで作った輪をくぐることで、悪い血を新しい血と入れ替えてくれる」と伝わっている。
2021年6月30日(水)号より
特急銀河の乗客もてなす
JR備中高梁駅で 山陰最終運行に合わせ
 JR西日本の夜行特急列車「WEST EXPRESS銀河」山陰コースの最終運行に合わせて岡山支社などは26日夜、備中高梁駅に停車した大阪行き上り列車の乗客をもてなした。
 乗客は35分の停車時間を利用し、直結する高梁市図書館周辺のもてなし会場へ。市町ごとに特産品を販売し、観光地もPRした。
2021年6月29日(火)号より
教育の充実やeスポーツ発展に
ビジネスカレッジと教育連携 共生高
 岡山共生高校と専門学校岡山ビジネスカレッジ・岡山ビューティモードは28日、教育連携協定を締結した。eスポーツでは全国トップレベルの岡山共生高と、来春に「eスポーツビジネス学科」を新設する同カレッジの連携により、両校の教育活動の充実や中四国のeスポーツ文化の発展に貢献したいとしている。
2021年6月28日(月)号より
市内の観光地に客足戻る
宣言解除後最初の週末 子育て広場には笑顔が
 新型コロナウイルス感染の急拡大により、岡山県内に発出されていた緊急事態宣言が6月21日に解除されてから最初の週末となった26、27の両日、新見市内の観光地にはわずかながら客足が戻った。
 普段、市内外から多くの観光客を集めている井倉洞は5月16日の宣言発出から休止していたが、解除に合わせて再開した。
2021年6月26日(土)号より
基礎疾患有無の申出書発送
新型コロナ対策室 64歳以下ワクチン接種に向け
 新見市は25日、基礎疾患がある64歳以下の市民に新型コロナウイルスワクチンの接種券を優先的に配布するため申出書を発送した。
 次の対象になるのは基礎疾患のある人で、該当する人に自己申告してもらうため今回、申出書を発送する。16~64歳の約1万1500人へ個別に送り、希望する該当者が7月9日までに返信すると、優先接種券が順次届き、同月16日から予約を受け付ける。
2021年6月25日(金)号より
「貴重な体験できた」
高尾小で児童に話す
 東京オリンピック・パラリンピックの聖火リレーのランナーを務めた中田さんが23日、高尾小学校で当日の様子や思いを児童に話した。
 トーチを受け渡す写真を紹介しながら振り返り、リレーで着たユニフォーム、桜の花びらをかたどったトーチを披露。児童の代表にトーチを持ってもらった。
2021年6月23日(水)号より
顔見知りの才能に感心
哲多総合センター 手作り展示会始まる
 哲多地域の住民らが自慢の作品を持ち寄った「みんなの手作り展示会」が22日から哲多総合センターで始まった。会期は7月30日(金)まで。新型コロナウイルスの影響で3月の公民館まつりが中止になったため、哲多総合センター主催事業実行委員会が発表の場を設けようと企画。展示会には、およそ20の個人と団体が絵や書、写真を6~7回に分けて出品する。
2021年6月22日(火)号より
ドクターカー試験運用始まる
市消防本部 倉敷中央病院と協力
 新見市消防本部は、今月から倉敷中央病院の協力で重症の外傷患者を対象に「ドクターカー」の試験運用を始めた。県内での運用は初めて。夜間や悪天候の場合に運行できないドクターヘリに代わるもの。医師や看護師が救急車に乗り込み、いち早く診療に当たることで救命率の向上が期待されている。
2021年6月21日(月)号より
2年ぶりに花まつり
田治部みらい会 防災訓練も兼ねて開催
 大佐田治部の田治部みらい会の会員で構成する田治部ふれあい花まつり実行委員会は20日、旧田治部小学校グラウンドで第5回ふれあい花まつりを開催。大勢の家族連れらでにぎわった。
 昨年はコロナ禍で実施できなかった。今年は飲食コーナーなどを設営せず、午前中で終了するなど規模を縮小して開いた。 
2021年6月19日(土)号より
64歳以下のワクチン接種7月16日から
まずは基礎疾患のある人から受付
 岡山県に発令されている緊急事態宣言が明日20日で解除されることを受け、新見市は18日午後に第26回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。休止や利用制限をしている市内の文化、スポーツ、観光施設を通常通り再開することを決めたほか、64歳以下のワクチン接種予約を7月16日から順次受け付け、集団接種は8月から毎週日曜日にまなび広場にいみで実施するスケジュールを示した。 
2021年6月18日(金)号より
子供たちに笑顔届けたい
あじ彩 上市こども園に綿菓子
 西方宗金のたこ焼き店「あじ彩」は16日、上市認定こども園の園児に綿菓子をプレゼントした。
 コロナ禍でイベント中止が相次ぐ中、子供たちに笑顔を届けたい―と企画。高原社長ら3人が綿菓子の製造機を積んだキッチンカーで訪れ、レモンやメロン、ストロベリーなど7種類の味を作った。 
2021年6月16日(水)号より
復活に向け今後の活動は 土橋みらいの会
ウスイロヒョウモンモドキ勉強会
 小規模多機能自治に取り組む地域運営組織「土橋みらいの会」は12日、土橋交流センターでウスイロヒョウモンモドキの勉強会を開き、3人の専門家の話に耳を傾けた。
 同会は前身の土橋振興会時代を合わせ平成15年ごろから約20年間、生息地のカヤやササを刈って幼虫の餌になるカノコソウを生えやすくしたり幼虫そのものを放って越冬させるなど絶滅を防ぐための活動を続けている。
2021年6月15日(火)号より
放課後見守り活動 支え合う上熊谷をつくる会
ボランティアが交代で世話
 支え合う上熊谷をつくる会の福祉推進部会は今月から、塩城小学校に通う子供たちの放課後見守り活動をスタートさせている。昨年7月に発足した地域運営組織が、地域の子供は地域で育てよう―と打ち出したもので、事実上の放課後児童クラブ。地区民や教育関係者の注目を集めそうだ。
2021年6月12日(土)号より
水泳授業が小学校で本格化
野馳小は児童笑顔 コロナ感染防ぐ対策徹底
 6月中旬から新見市内の小学校で、水泳の授業が本格化する。昨年は新型コロナウイルスの影響で見合わせており、2年ぶり。各校とも感染を防ぐ対策を徹底し、11日には野馳小の児童が今季の初泳ぎに笑顔を見せた。
2021年6月11日(金)号より
新見産リンドウ出荷スタート 盆前ピークに
11月上旬まで 27戸が5000万円目標に
 西日本一の生産量と高品質を誇る新見産リンドウの出荷が10日に始まった。生産者でつくるJA晴れの国岡山新見統括本部の花き部会は今年、出荷100万本、売上5000万円を目標におよそ30品種を栽培。需要が高まる盆前の7月下旬から8月上旬をピークに11月上旬まで大阪、兵庫、岡山、広島の市場に送り出す。
2021年6月10日(木)号より
大佐小中一貫教育は併設型に
「義務教育学校」から方針変更
 少子化対策の一環で小中一貫教育の在り方を検討している新見市教育委員会は4日に大佐中学校を訪ね、今年度最初の大佐中学校区学校運営協議会の席上で、これまでの検討方針を「義務教育学校」から変更する旨を伝えた。その上で改めて小中一貫教育の研究への取り組みを更に加速させ、年内には一定の結論を出すよう求めた。
2021年6月9日(水)号より
赤ちゃんから大人まで まるみやバリエ
「にーみん」Tシャツに新デザイン
 高尾の丸宮はこのほど、新見市の観光キャラクター「にーみん」のイラストをあしらったTシャツの新バージョンを発売した。
 にーみんシリーズに加わったのは、にーみんの3タイプの表情をプリントしたものと、横になった姿と自分の誕生日や目標などを英訳しプリントしたものの2種類。ライトブルー、イエロー、ブラック、ライトグレー、ピンクの5色。値段はどれも1着1628円(税込み)。
2021年6月8日(火)号より
新見 6年ぶりの栄冠
県高校総体男子ソフト インターハイ出場決める
 第60回県高校総体が5日と6日を中心に県内各地で行われ、ソフトボール男子は新見が高梁に13対0(六回コールド)と快勝し、6年ぶり17回目の栄冠。インターハイ(全国高校総体)出場を決めた。
2021年6月7日(月)号より
65歳以上にコロナワクチン
市民の集団接種スタート
 新見市は5日から、まなび広場にいみ会場を皮切りに新型コロナウイルスワクチンの集団接種を始めた。65歳以上の市民が対象で、市内5会場で7月10日(土)までに1回目、同31日(土)までに2回目を完了する計画で、定員3600人の予約枠が埋まっている。市は「ワクチン接種後もマスクの着用、手洗いなど感染予防を徹底してほしい」と呼び掛けている。
2021年6月5日(土)号より
和紅茶やスイーツ楽しんで
草間の黒川商店 カフェ「オトノハ」オープン
 草間の黒川商店は、和紅茶(国産紅茶)や手作りスイーツを提供するカフェ「オトノハ」をオープンした。
 提供する和紅茶は5~6種類を用意。カップ2杯分をポットで提供し、価格(税込み)は550円から。一番人気は「高梁紅茶」という。オーガニックにこだわった外国産紅茶も取りそろえている。
2021年6月4日(金)号より
コロナ禍の営業に生かして
無料ダウンロードのポスターサイト
 高尾のにいみ清掃ビル1階で、心身の健康に良く手軽に栄養補給ができる飲料・食物を提供するCafe&Shop「toi toi toi(トイトイトイ)」を夫婦で経営している毛利さん。国内外で活躍しているグラフィックデザイナーでもある才能を生かして、自ら作製したコロナ禍での営業対策用ポスターのウェブサイトを立ち上げている。
 アップしているのは「デリバリー」「ソーシャルディスタンス」「テイクアウト」「営業時間変更の告知」「換気中」「手指の消毒を求める」「入店人数制限」「臨時休業告知」の8種類で青色。いずれも無料でダウンロードでき、最大A3判の大きさに印刷できる。
2021年6月3日(木)号より
NHK大河ドラマ実現へ
広める高梁の会 一層の協力と連携依頼
 幕末~明治初期の偉人、山田方谷(1805~1877年)を顕彰する「方谷さんを広める高梁の会」会長を務める近藤隆則高梁市長が31日、新見市役所市長室を訪れ、戎市長に方谷をテーマにしたNHK大河ドラマ化を実現する活動に一層の協力と連携を呼び掛けた。
2021年6月2日(水)号より
白い千本鳥居がお目見え
法曽の済渡寺 日本初で〝インスタ映え〟
 法曽の済渡寺で白い千本鳥居がお目見えした。千本鳥居は、たくさんの連なった鳥居の総称で、名所は全国各地にあるが、純白の鳥居が連なるのは済渡寺だけ。6月末にはおよそ1万1000株のアジサイとおよそ5000株のハナショウブが咲き誇ることもあり、新しい〝インスタ映え〟スポットとして早くも注目を集めている。
2021年6月1日(火)号より
スポーツ・文化施設の一部制限緩和
20日まで緊急事態宣言延長 ワクチン接種の体制強化も
 岡山県に発令されている緊急事態宣言が6月20日まで延長されたのを受け、新見市は31日午後に第25回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催。スポーツ施設や文化施設を市民限定で利用できるよう制限を一部緩和するほか、ワクチン接種業務の体制を強化するため対策室の職員を増員することなどを確認した。