備北民報ウェブサイト
購読のお申し込み 購読のお申し込み 備北民報の本 備北民報の本

新見市関連リンク

遊ぶ


食べる


買う


学ぶ


暮らす


企業


その他

備北民報の本 山河を越えて表紙
『山河を越えて』
第15代参議院議長 木村睦男 著

平成13年8月1日 発行
A5判、535ページ
定価3,085円(税込)

大正2年7月29日 岡山県阿哲郡千屋村(現新見市千屋)に、父・三上清馬、母・須磨(旧姓・坂井)の六男として生まれる。同13年、父・清馬の逝去にともない長兄を頼って満州に渡り、大連伏見台小学校に転入。大連第一中学校、第六高等学校、東京帝国大学を卒業後、鉄道省(後の運輸、現国土交通省)に入省。国際観光局、大阪鉄道局、広島陸運局、経済安定部物価庁、運輸省鉄道監督局、運輸省大臣官房、仙台陸運局、東京陸運局、自動車局長などを経て観光局長に左遷されたのを機に、昭和39年12月参議院議員岡山地方区補欠選挙に出て当選。以来、郵政政務次官、運輸委員長、参議院自民党国会対策委員長、運輸大臣、第十五代参議院議長を務め、平成元年に政界を引退。その後も政界に影響力を保っていたが、平成13年12月7日、88歳で死去。新見市名誉市民でもあった。


珠玉の荘園「新見庄」表紙 珠玉の荘園「新見庄」
田端泰子 監修/新見庄ロマンの里づくり実行委員会 編集
1,620円(税込)

田端泰子・京都橘大学名誉教授の監修による、中世・東寺の荘園、新見庄に関する精緻な解説書。

もっと詳しく

ふるさと新見庄表紙 ふるさと新見庄
新見庄ロマンの里づくり実行委員会 編集
1,080円(税込)

中世・新見庄の歴史を分かりやすく解説した読本で、小学校高学年から読めるように漢字にルビを振り、絵や写真を多く載せた。表紙と挿し絵の原画は故・福江茂榮さんが生前描いたもの。

もっと詳しく

丸川松隠評伝表紙 丸川松隠評伝
逸見芳春 著
1,296円(税込)

生いたち、青年期の学問修行と親孝行、新見藩での教育者としての仕事、愛弟子たち、特に山田方谷との出会いと師弟関係、詩、書にいたるまで“教育者松隠”を語りつくす逸見芳春氏渾身の著作。

もっと詳しく

歌との出会い 愛とのめぐり逢い表紙 歌との出会い 愛とのめぐり逢い
中川博之 著
2,160円(税込)

作曲生活40周年。28歳で作曲家として世に出てから今日までをドラマティックに書いた。 名曲「ラブユー東京」ほか 弾き語りCD付き。

もっと詳しく

藤井哲の世界表紙 藤井哲の世界
藤井哲 著
2,160円(税込)

ゴヤを追い求める遍歴の旅から独自の画風を確立するまでの半生を綴った自伝。 素描群の中から選りすぐった21点を掲載し藤井氏の素描作品集としても鑑賞できるようになっています。

もっと詳しく

神楽絵巻表紙 神楽絵巻 改訂版
逸見芳春 著
1,851円(税込)

昭和54年、国指定重要無形民俗文化財に指定された「備中神楽」の演舞シーン51景を墨絵と文章で表現。 神楽の見所を分かりやすく解説し、読んで見て楽しめる神楽の本。

もっと詳しく

山河を越えて表紙 山河を越えて
木村陸男 著
3,085円(税込)

岡山県阿哲郡千屋村(現新見市千屋)に生まれ、大正・昭和・平成と三つの時代を生き、保守本道を真っ直ぐ歩んだ官僚・政治家の八十八年の軌跡。

もっと詳しく

ほんにのうや表紙 ほんにのうや
竹本健司 著
2,057円(税込)

奥備中の方言をイラストをまじえ、やわらかく、おもしろく解説した本。日頃使い慣れている方言を、もう一度見直す手がかりになります。

もっと詳しく

新見庄 生きている中世表紙 新見庄 生きている中世
郷土史家4名 共著
2,057円(税込)

京都府立総合資料館所蔵の「東寺百合文集」に約2千点の新見庄関連資料が残っている。この新見庄の歴史を郷土史家4人が各分野にわたり執筆。

もっと詳しく

まんが新見庄表紙 まんが新見庄
福江茂榮 切り絵
1,543円(税込)

「新見庄」の史実を、大胆な切り絵と簡潔な文章で綴った絵本風の歴史読本です。子供から大人まで幅広く楽しんでいただけます。
新見市教育委員会推薦図書

もっと詳しく

関侯三百年表紙 関侯三百年
吉村久子 著
1,029円(税込)

関長治侯お国入り、御殿町と家中屋敷、関家と津山森家との関係、藩黌思誠館(現思誠小学校)の設立、丸川松隠の生涯、高瀬舟の歴史など。

もっと詳しく